【化粧品の基礎知識】正しいスキンケアで美肌づくり

効果的な使い方

女性

使用する順番

化粧品は使用する順番も重要です。一般的に、朝は「①洗顔②化粧水③乳液」の順で、夜は「①クレンジング②洗顔③化粧水④美容液⑤乳液」で行います。外出する際に日焼け止めを塗る場合は、乳液の後に使用します。クレンジングと洗顔でしっかり汚れを落とし、化粧水で潤いを与え、乳液で蓋をして潤いを守ります。美容液は、化粧水の後に優しく肌に付けましょう。

化粧水や乳液の付け方

化粧水などを使用する際に、手に出してから肌につける方法とコットンに染み込ませてから肌につける方法があります。乳液は、サラサラとした水のようなタイプのものは、コットンに含ませてからの使用をオススメします。クリーム状の乳液は手でつけると良いでしょう。化粧水は、どちらのタイプでも構いません。手で化粧水を付けるメリットは、肌への刺激が少なく、手の温度で化粧水が温められ肌なじみがよくなることです。また、コットンで化粧水を付ける場合は、化粧水の蒸発を防ぐことができることと、肌の細かい部分まで均等に化粧水を付けられるというメリットがあります。付け心地や肌への刺激なども考えて、お好みの方法で着けると良いでしょう。そして、化粧水などの効果をしっかり実感するためには、「もったいないと思わず、一回の量をたっぷり使うこと」です。高い化粧水などの場合、少ない量を地道に使い、長持ちさせるという人も多いと思います。しかし、それではその化粧品の本来持つ効果が十分発揮できません。化粧水などは1本大体1ヶ月で使い切るのが目安となっています。一回一回、たっぷりお肌に馴染ませて使用することが、大事となっています。

Copyright© 2018 【化粧品の基礎知識】正しいスキンケアで美肌づくり All Rights Reserved.